トップページ
うまく行ってますか? 介護事業。
数字だけではなくて、組織として、事業者として。
当事務所は、介護事業に特化して経営者とタッグを組んで全力で実践していきます。


その成功ノウハウを伝えたいのです。
特に、これから新規に始める人は必見です!

介護給付費は請求の約2ヵ月後に支給されるということと関連し、軌道に乗るのためには、それなりの期間が必要だと感じていることと思います。

そこで!!具体的な戦略・戦術の立案で成功へと導くこととなります!!

>>サービス・料金案内はこちら

>>事務所概要はこちら

実践できるワケ

実際に介護事業をみずから経営している当事務所の代表だからこそ、その苦労と経営の
  重み、数字の大切さ、組織の大切さを実感しているからです。

1円の売上の大切さと1円のコストの重みをよく理解しています。

新たに介護事業を始める起業家、これから介護分野へ進出する事業主、もっと効率よく
  進めたいと考えてる方などにお役に立てればと思います。

介護事業としての重点的な取り組み

サービスの質と高さを左右する、サービスの担い手である職員に関連することを改善。

介護給付費請求業務をシステム的に進められるようにし、効率化する。
 特に、サービスの質の向上に関係のない、これら間接的な業務の効率化は必須です。
 しかも、安価に。

中小事業としての重点的な取り組み

キーワードは、効率化!
 ルール・規程を明確にすること。マニュアル化。

各種業務をシステマティックに進められるようにする。
 総務部門の無い中小企業では特に重要。

ヒントはここにある

他の事業所とうまく連携していますか?
職員・お客様・お得意様・ご利用者に笑顔がありますか?

具体的成功事例多数あります。

たとえば、就業規則、人事や賃金の規定の構築や制度の見直し、
あるいは労働条件や解雇などの課題。

さらには労災や雇用保険、健康保険あるいは厚生年金、これらの制度の対策は十分ですか?

手間が掛かる、費用が掛かるから、よくわからないから、と何もしていない、考えていない、などと問題を先送りしていることはありませんか?

いろいろと思いはあると思います。
その分野のプロだから言える、この一言
⇒必ず落としどころがあります!
⇒事業主が望むモノへの対応策は必ずあります!

事業を立ち上げたばかりで…
日々忙しくて…
そこまでお金を掛けたくない。

だけど、ちょっと待ってください。
その処理・流れ・施策、満足していますか?
そう、「でもいい方法があれば、何かとかしたい!」
そういう気持ちを大切にしてください。

訪問介護労働者に関する通達があります。ご覧ください。

訪問介護労働者に関する通達

介護労働者の労働条件の確保・改善のポイント


お問い合わせはこちらからどうぞ

過去の記事